ロゴ
HOME>クチコミ>肉割れを起こさないためのテクニック【原因と対処を把握しよう】

肉割れを起こさないためのテクニック【原因と対処を把握しよう】

脚

妊娠すると、どんどんお腹が大きくなってきます。それに伴い肉割れが生じてくる可能性も少なくありません。そのような場合、専用クリームを使用しましょう。今回は実際に妊娠中にケアをしていたという人の声を紹介します。

みんなの声

妊娠してからお腹を中心に専用保湿クリームを使いました(30代|女性)

妊娠すると肉割れしやすいと聞いていたので、妊娠してからは毎日お腹を中心に専用保湿クリームを塗りました。特に、妊娠後期は1日に3回ほど塗り直し、肉割れができるスキを与えないようにしました。おかげで全く肉割れが出来ず、他の妊婦さんに羨ましがられたぐらいです。妊娠初期の頃は自分できちんと塗れていましたが、お腹が成長するにつれて塗りにくくなっていくので、誰かの助けが必要になりました。夫が家にいる時は塗ってもらったり、いない時は塗れる範囲だけ自分で塗り後は夫が帰って来てから塗ってもらうようにしたりしていました。肉割れは一度できると綺麗に治ることはないとされているので、面倒でも頑張ってクリームを塗り続けて良かったです。

太りやすいパーツに出来ると聞いてから湯上がりケアを頑張ってます(30代|女性)

肉割れは太りやすいパーツにできると聞いて、お風呂上りにボディケアをするようになりました。30代になってから太りやすくなってきたので、お腹や太もも辺りが危なそうだからです。ケアとしては保湿力の高いクリームを塗るという至ってシンプルな方法ですが、今のところ出来ていないので効果はあるような気がしています。お風呂上りは肌も柔らかくなっているので、クリームも肌にしっかり浸透しています。肉割れを防げるだけでなく、肌もスベスベになって一石二鳥です。また、年齢を重ねるごとに新陳代謝も衰えているので、クリームでケアするだけでなく、太りすぎないように食生活に気をつけたり、適度な運動もしたりしなければいけないと考えています。